tory33のたんぶら

ドリーム・チェイサーは現在、オバマ政権と米航空宇宙局(NASA)が進める、地球低軌道向けの人間や貨物の輸送を民間に解放するという取り組みに挑んでいる宇宙船の一つだ。外見はスペースシャトルを小さくしたような姿をしており、最大で7名の乗員を乗せ、国際宇宙ステーション(ISS)に送り込むことができる。打ち上げはアトラスVロケットの先端に載せられ、帰還時はやはりスペースシャトルのように滑空して滑走路へ着陸する。また再使用も可能だ。初打ち上げは2016年11月に予定されている。

 今回シエラ・ネバダ社が発行したプレス・リリースによれば、日本が持つ技術をドリーム・チェイサーの開発に生かし、またJAXAへ打ち上げ機会を提供するといった可能性が語られている。

 日本は過去に、HOPEやHOPE-Xの検討、HYFLEXやHSFDの飛行実験などを行ったことがあり、有翼の宇宙往還機の開発に必要な技術をある程度持っていることから、ドリーム・チェイサーの開発に役立つ部分もあろう。

 また、日本は宇宙飛行士を擁してはいるものの、独自の宇宙船は持っていないため、国際宇宙ステーション計画が終了した後、これまでのように宇宙飛行の機会がやってくるかは心許ない見通しだ。もしドリーム・チェイサーによってその手段が確保できるとなれば、その意義は大きい。

「永遠に続くものは無い。あらゆるものに終わりは来る。それは自然の摂理というやつだ。突然だが今日で最終回だ。」

・・・主人公スパイクの突然の告白から、最終話「よせあつめブルース」が始まります。これはそのタイトル通り、これまで放映されたシーンをつなぎ合わせたアニメ上に、登場人物達が自身の人生哲学やこれまでに得た教訓などを語り続けるという全くお子様向けでは無い総集編なのです。

ただ普通の総集編と違い、今までに放映されていない「未放送のカット」まで組み込まれていたのです。これに視聴者は混乱し、まだ続きがあるのでは?ソフトを購入させるセコいやり方だ!馬鹿にしてるのか?と騒然となりました。さらに、一見解りづらいですが、登場人物によって語られる訓戒の数々は放映権を持っているテレビ局や、スポンサー、放送倫理委員会などへ皮肉たっぷりに、オブラートに包んだ言いまわしでの批判、抗議として読み取れるのです。

今でこそアニメや漫画などの表現において規制が叫ばれ、必要以上に道徳観ばかりを押し付け、原作やクリエイターらの表現に蓋をするのは珍しくありませんが、当時がちょうどその「必要以上の規制」を求め始めた時期だったのです。

未成年による凶悪犯罪の増加により、番組放送と同時期に痛ましい事件が起こると、暴力シーンや刃物に対するボカシが入りました。カッコいい主人公がタバコをふかすシーンも嫌悪され、銃やドラッグ関連の話も煙たがられるようになります(これによって第一話は丸ごと放送を見送られ、テレビで初めて放送されたのは第二話から!)。そういった数々の縛り、しがらみによって、本来作るべき作品は意図的に出来そこないへと劣化してゆくのでした。

もともと大人向けなハードボイルドな作風に、ジャズやブルースが絡み、素直にハッピーエンドとは取れない話も多い本作は勿論子供受けするわけもなく、高い製作費と伸びない視聴率に悩まされます。人型戦闘ロボなど出ない作品なので、ガンダムやエヴァンゲリヲンのようにプラモデル化するなど、グッズによる利益も望めない・・・。事実上打ち切りとなるも、最後に一矢報いたのが「よせあつめブルース」なのです。
petapeta:

マンガで分かる心療内科・精神科「ロリコンはどこから病気なの?」 | ゆうメンタルクリニック上野駅0分・心療内科 池袋院/新宿院/渋谷院/秋葉原院 東京・精神科
人間が変わる方法は3つしかない。1番目は、時間配分を変える。2番目は、住む場所を変える。3番目は、付き合う人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。もっとも無意味なのは、『決意を新たにする』ことだ。

Twitter / 07kbys

(via shibata616) (via sametimesameplace) (via fukumatsu) (via etecoo) (via takojima) (via mizushike) (via furudanuki) (via aerogenerator) (via johnnychallenge) (via nurumayu) (via hustler4life) (via yaruo)

(via ahoahoman) (via nemoi) (via dannnao) (via yu5yam) (via sakuma) (via n13i) (via ssbt) 2010-01-03 (via gkojay) (via ssbt) (via appbank) (via yaruolikes) (via tonbork) (via narukish) (via maenomeri)

実験は、オスのマウスの脚に電気ショックを与えながらサクラの花に似た匂いをかがせ、この匂いを恐れるように訓練。その後、メスとつがいにして、生まれてきた子どもに様々な匂いをかがせた。

 すると、父親が恐怖を感じたサクラの匂いのときだけ、強くおびえるしぐさをみせた。孫の世代でも、同様の反応が得られた。

 父マウスと子孫の精子のDNAを調べると、嗅覚(きゅうかく)を制御する遺伝子に変化の跡があり、脳の嗅覚神経細胞の集まりが大きく発達していた。

k-ui:

週刊アスキーPLUS:拡大画像 http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/240/240131/
週刊アスキーPLUS:拡大画像 http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/240/240132/

南極で料理人していた人の本で、「高野豆腐をコンソメスープに付けて戻し、軽く絞った物に衣を付けて揚げると、チキンナゲット風になる」という記述があり、やってみたら本当だった。これで低カロリーなチキンナゲット沢山食べられる。

編集Y ちょっと横入りしますが、先日、「ビジネスに効く武士道」みたいな企画をやれないかと、資料を読んでみたんです。

 軽いな…。

編集Y そうしたら「武士道」というイメージと、実際とのギャップに驚きました。例えば「卑怯者と言われないためにはどうしたらいいか」、ということに対して、「勇敢たれ」じゃなくて、「いかにそういう避け難い事態から自分を遠ざけるかが大事である」といっているんです。

 ノウハウということ? 思想じゃないの?

image

編集Y まさしく。例えば抜刀して走っていく武士を見てしまった、と。どういう事態になるか、これは見捨てておけない、と、そいつの後を追ってチャンバラに参戦をするのが武士の道ではあるが、そうするとケガをするよ、と。かといって、見て見ぬふりをしたら、誰かに見られていて「あいつは腰抜けだ」と言われかねない。だから、「そういう場面に行き当たったら、しばらく間を置いて、ハタと気が付いたふりをして、それで後を追って途中で見失え」、ということが書いてあるんです。
(出所は『日本政治思想史 十七~十九世紀』渡辺浩著、東京大学出版会)

値段は高いは営業時間は短いは品ぞろえは悪い商店街を、なぜわざわざ守らなければならないのか。今までそんなことをしてきたから衰退してきたのではないか。はっきりいって、昔の商店街10~20店舗あるより、コンビニ1軒あった方が客にとってははるかに便利だ。

300万も下がって、所得半分に なってんぞ! これで子供を産み育てろだと?ふざけてんのか?//子育て世帯(30代 )の所得分布は1997年には年収500〜699万円の層が最も多かったが、 2007年は300万円台が最多になった。

http://blog.goo.ne.jp/pineapplehank/e/6440b0c9acefab51f0ffb6f593e72cc9