tory33のたんぶら
超えましたー。
そりゃtumblrやってりゃ、スキっ!っていうネタがガンガンまわってくるんだもの。

超えましたー。

そりゃtumblrやってりゃ、スキっ!っていうネタがガンガンまわってくるんだもの。

tarou4:

1406868810252.jpg

交換器など機器トラブルで列車が止まってしまうことはしばしばある。その時、足止めを食った顧客の人数に遅れ時間をかけたものを損失とし、今回のATMトラブルで迷惑した顧客の人数と無駄にした時間から求めた損失を比較するとどうだろうか。つまり、今回のATMトラブルは新聞の一面に掲載するニュースではない。

 したがって金融庁長官が遺憾の意を表明し、銀行法に基づいた報告命令を出すトラブルでもない。「再発防止策策定を急げ」と長官に叱咤されてもシステム開発現場は困ってしまう。失敗率が0.02%ではダメだ、ゼロにしろ、と言うのであろうか。今さらではあるが、金融庁長官には「障害が一部で起きたことは残念であったが、一本化作業全体としては着実に進んでいると見ている。これまで通りしっかりやっていただきたい」と言ってほしかった。

k-nakama:

洋風の建物の上に、
日本風の屋根がのったような感じの建築があります…。

戦前の日本の、
ナショナリズムの高揚を目指したとも言われる、
いわゆる「帝冠様式」…。

この「帝冠様式」は、
東京の九段会館などで、
現在でも、わずかながら観ることができますが、
戦後になって、時代が変わると、
「ナショナリズムの時代背景に迎合するファシズム建築」、
などという非難を受けることにもなりました…。

このように、後の人たちに、
「ファシズム建築」などと非難されるような様式を、
最初に提唱したのが、
建築家、下田菊太郎です…。

この下田菊太郎…。
時代背景や、そうした経緯を考えると、
なんとなく、
愛国心に満ちた、バリバリの日本主義者、
という印象を持ってしまいそうなのですが、
実は、
その人物像は、結構意外なものです…。


下田菊太郎は、
学生時代、
当時の教授(東京駅を設計した辰野金吾)と、そりが合わず、
結局、
卒業を目前にして、大学を中退し、
アメリカに渡ります…。

そこで、働き、
日本人としてはじめて、
アメリカ建築家協会の免許を取得し、
アメリカで設計事務所を開設します…。

つまり、
下田菊太郎は、
アメリカの国籍を取得し、アメリカ人と結婚し、
アメリカ仕込みの建築を学んだ、
いわば、
当時の国際派の建築家といったような人でした…。

そのような人が、
洋風の建物に、日本風の屋根をのせたような、
いわゆる「帝冠様式」の創始者として、
歴史に名を残している、
というのが、
なんとも意外で、面白い…。

やはり、
海外に出ていると、
かえって祖国のことが思われてくるものなのでしょうか…。

その後、下田菊太郎は、
1898(明治31)年、
大不況を契機に帰国し、
日本で設計活動を開始します…。

当時の東大では、
洋式といえばレンガ造・石造などの、
古い構法の講義に終始していた時期だったそうで、
鉄骨造・鉄筋コンクリート造などの、
新しい技術の講義が出来る教授は、
ほとんどいなかったのだそうです…。

そのような時に、下田菊太郎は、
最新の技術を引っさげて、帰国した、
ということになります…。

しかし、
当時日本建築界に君臨し、
東大学長にもなっていた辰野金吾への反逆の前歴が災いしたのか、
ことごとく排斥され、
教職はもとより、
内定していた大企業の建築顧問にも受け入れられず、
日本の建築界では、結局、
あまり日の目を見ることはできなかったのだそうです…。

そのようなわけで、
彼は、その実力の割りには、
たいした業績を残すことが出来ず、
その経歴から考えると、
あまりにも皮肉な結果なのですが、
日本型「ファシズム建築」の創始者としてのみ、
歴史に名前を残すことになってしまったようです…。

そんな下田菊太郎設計の、
唯一現存する建築が、
長崎にある、旧香港上海銀行長崎支店です…。

かつては、
この建築に隣接して、
辰野金吾の師匠、ジョサイア・コンドル設計の、
長崎ホテルが、
堂々たる偉容を誇っていたそうですが、
今はもう、ありません…。

一方、
下田菊太郎による旧香港上海銀行長崎支店の方は、
1988(昭和63)年、
老朽化による解体が決定されると、
この建築を愛する市民による保存運動が起こり、
生き残りました…。

その強すぎる個性から、疎まれ、
自らも、
「建築界の黒羊」などと自嘲していたという、
異端児、下田菊太郎…。

「嫌われ者」を自認していたみたいですが、
100年後の人達からは、
とても愛されていたみたいですね…。

例えば日本に対して領土を奪い取ってやろうと思っている国がいる。でも、日本が強い軍隊を持っていたら諦める可能性が高くなるよね。まして、アメリカのような強い軍隊を持っている国と同盟を結んでいたら尚更攻撃しようとは思わないよね。だから相手が攻撃を躊躇するような態勢を整えることが大事だと思っているわけ。

一方で、反対する人は軍隊を持つことが、戦争につながると思っている。「日本は悪い国だ。安倍総理は軍国主義者だ」と。「だから軍隊を無くしてしまえば戦争は起こらない」と。

この人達は、相手の事を考えずに自分だけの都合の良い考え方なんだよ。「中国は平和を愛する国で、日本が戦争を放棄すれば攻めてこない」と。もっと酷い人は「攻めて来られたら降伏すればいい」と。占領されても生きる事ができると思ってるんだ。

でも、実際に中国が東シナ海や南シナ海でやっていることを見てごらん。また、占領したチベットや新疆ウイグル自治区でやっていることを見てごらん。中国は自分の領土を拡大したくてあちこちで周りの国と紛争を起こしている。フィリピンやベトナムなど。フィリピンやベトナムは軍隊が弱いから攻められるわけ。チベットなんかでは、多くの人がとらえられて拷問や殺されたりしてる。ウイグル自治区もそう。

現実に中国がしていることを見れば、集団的自衛権に反対している人の考え方はなんとも無責任で、現実を見ていない事がわかるでしょ。

集団的自衛権行使に対して中国は反対してるよね。それは中国にとって不利な事だから。日本を攻めにくくなるからなんだよ。だって集団的自衛権の行使によって日本とアメリカは協力して中国に対抗する事ができるんだから。

これまではアメリカは日本を助けてくれても、日本はアメリカを助けてあげられなかった。そんな日本をアメリカは軽蔑するよね。同盟っていうのはお互いに努力する事でより強くなるんだよ。

aki373:

「比叡37歳とひえいちゃん【2014/08/01】」/「矢野トシノリ」の作品 [pixiv] #pixitail
飛んでる飛行機の中で「今のエンジンは危ない!すぐ別のに取り替えろ!新しい安全なのは今機内ですぐ作れ!外したエンジンは危ないからなんとかしろ!どうやったらそれができるか?考えるのは責任者だ!オレはなにもやらん!被害者だ!」と言ってるのが即時原発全廃派。

KAMO nang-bang (dead_san)さんはTwitterを使っています (via taquyallan)

てっきり、どこぞのバカ専用詐欺政党の話かと思いました。

(via windsock)

どうせ行くなら、嫌われているところよりも好かれているところに行きたい、と思った
worldwalker2:

twinleaves:

Twitter / unauna711: 江戸東京博物館と支那と韓国の博物館の提携だと!!!!!!!! …


さっさと舛添をリコールしようぜ。
憲法9条があれば戦争に巻き込まれないという人、憲法25条があっても健康でも文化的でもない生活を送ってる人がいることについてどうお考えなのだろうか。